▼メニューへ


前世療法・催眠療法(ヒプノセラピー)とは?

ヒプノセラピーに興味を持った方でも、実際に効果的なヒプノセラピーを受けた事がある方は少ないかもしれません。催眠という言葉の印象から、他人を操る技術を得られるのかも?と期待されたら、受講してがっかりされてしまうかもしれないので、まずはヒプノセラピーについてお話します。

意外と思われるかもしれませんが、セラピーを受ける方(=クライアントと言います)が自身の力を使って、不必要なものを取り去る作業を助けるのがヒプノセラピーです。

ここで「不必要なもの」と大まかにいう中には、日々の暮らしの中での気がかりな事、心配事、処理しきれないくらい辛い感情だとか、そんな感情をやりすごした後に感じる心の中の不具合といったものの元になっていることがら。問題だとか課題とも言いますが、こういった不必要なものを取り去るには、いくつもの行程が必要になります。例えば自分の中に抱えるネガティブなエネルギーを縮小させていこうと思っても、どうにも心の動きがとれないのが普通ではないでしょうか。セラピストはそこで様々な方法から効果的なものを瞬時に見抜いて、あくまでも自分で作業をやり抜ける方法へと導くリハビリのスペシャリストくらいに思った方が分かりやすいかもしれません。

つまり催眠状態にあっても、セラピストの方から「この問題にはこうした方が良いですよ」と指示を与えることはありません。セラピストはそのお手伝いをするプロフェッショナルですが、クライアントを操ったり、解決方法を授ける立場にはありません。セラピーを受けに行くと言えば「何かをしてもらう」ようにも聞こえますが、実際はクライアント自らが課題を軽減したり解消しなければ意味がありません。

このように効果的なセラピーを行うには、セッションの冒頭にクライアントのカウンセリングを行う必要があります。この段階では、セラピストとは言葉によるコミュニケーションが大きな割合を占めます。しかしその一方で、その後のセラピーではクライアントもリラックスした状態で得意な感覚をフルに稼働させて自身の状態を感じ取ったり、コミュニケーションをとれるようになります。ヒプノセラピーではクライアントの深いレベルでのやりとりを行う以上、きちんとしたカウンセリングを行えるカウンセラーであると同時に、このように感覚を広く開放しているクライアントとコミュニケーションを取れるようなセラピストが行う必要があります。そしてそれは日本ヒプノセラピーアソシエーションが育ててきたい、セラピストの姿でもあります。

特にこの催眠療法の中でも『前世療法』と呼ばれるものでは、クライアントはスピリット(マスター)からアドバイスを受け取ることができます。万が一、スピリットに出会わなかった場合でも、セッション(前世療法)から多くの気づきを受け取ることができます。セラピストがクライアントの身体、心、そして魂のレベルで繋がる事で深い癒しにたどりつける、それがヒプノセラピーの究極の目的です。

前世療法の効果とは?

それでは、クライアントが自身の前世を知る事で、どんな変化がおこるでしょう?

前世を知り、マスターからののアドバイスを得ることで、人生が本来のあるべき方向に進んで行きます!

例えば、人生へのアドバイスを得ることで、これまで自分を強く締め付けていた思考から開放され、自身の本来の力を感じ、そして発揮できるようになります。実はセッションの始めのカウンセリングの際に、クライアントの現在の状態、心に何を持っているのかなど、『心』と『身体』の両面について丁寧に伺う事で、クライアントの中では変化が起き始めるのです。

自分の思考だけでなく、心の状態をいつも好調に保つことが出来れば、体調も健やかに保てるようになります。また、良いエネルギーで心が満たされていると、人間関係や仕事(お金)の現状を曇りのない目で見る事ができるようになります。的確に現状を把握する事で、今度は未来への展望が拓け、「自分がどうなりたいか」だけでなく、実現へ向けて「今やるべきこと」まで明確になっていくでしょう。

セラピーの効果が現れるまでの時間は人によってまちまちです。ある人は短期間に、またある人はじっくり時間をかけて、まずは自分の問題点に気づく事から変化が始まります。そして、最後には自分自身を煩わせていた問題を自ら軽減したり、解消するに至ります。こうしてこれまでは向き合えなかった課題を解消した新しい自分には、これまでに見えなかった未来が見えてきます。前世や過去を振り返る機会が、これからのよりよい暮らしを得るヒントをもたらすでしょう。

催眠療法とカウンセリング

催眠療法にカウンセリングが欠かせない事はご理解いただけたと思いますが、このコンビネーションは課題や問題の軽減、解消にとどまらず自己成長にも大きな効果を上げています!

催眠療法で大きな効果を得るには、丁寧なカウンセリングが欠かせません。代表の菅又はこれまで、しっかりとした心理学・カウンセリング・各種療法を学んで来ました。そして2007年10月に米国で前世療法の世界的権威で精神科医でもあるブライアン・ワイス博士のプロフェッショナル・トレーニングを直接受けています。ワイス博士は、とてもすばらしい、人間愛にあふれた方です。ワイス博士から教えて頂いたことを大切に、セッションを行っています。

そして、国内ではブライアン・L・ワイス博士の正式な教えを受けた認定セラピストでもあり、米国最大の催眠療法士の非営利団体である米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)の教育担当理事を務めるリチャード・ハート博士(Richard Harte, Ph.D.)から米国の進んだ催眠技法を学んだ、日本人初のNGH認定インストラクターであるホリスティックワークの村井啓一先生に学びました。

現在も渋谷サロンの代表として臨床経験を重ねながらセミナーやワークショップ、スーパーヴィジョンのトレーニングを受けるなど学び続けています。ヒプノセラピーに興味を持っていただいた皆様に、安心してセッションに臨んでいただけるよう、ゆっくりくつろげる環境と最新のセラピーを提供しています。

ヒプノセラピーを受けてみたい、受ける前にもっと詳しく知りたい、ヒプノセラピーを学んでみたい、いろいろな想いを持った方々がスクールを探していると思います。ヒプノセラピーを学ぶことが自己成長のみならず、癒しとなり、豊かで潤いある毎日を送られるよう心から願っています。

Back to TOP
▲TOPへ